好き嫌いがある猫について

人間には好き嫌いがありますが猫にも同じように好き嫌いがあるのでしょうか。
時々、猫がキャットフードを食べなくなることがあります。
これは好き嫌いが原因しているのでしょうか。

猫の年齢があがったり肥満やアレルギーなどのきっかけでキャットフードを変えた際、フードを食べないことがあります。
これは、猫がとても警戒心が強くいつもと匂いが異なることでそのフードを警戒するために起こります。
また、猫は胃腸が弱いので突然フードを変えると下痢を起こすこともあります。
突然に新しいものに切り替えるのではなく少しずつ混ぜ合わせて新しいものへ変えてあげましょう。
そうすれば警戒せず新しいフードを受け入れてくれます。

もう一つキャットフードを食べなくなる理由として環境への不満もあります。
環境への不満とは食事の時間がいつもと異なっていたり容器や食事場所の汚れであったり食事内容への不満もあります。
厳しい言い方のようですが猫が食事を摂らなかったとしても一食ほどであれば死ぬことはありません。
ですからこの時に慌てておやつを与えたり人間の食事を与えることはやめましょう。
猫は学習する生き物です。
一度食事を食べるのを拒否しておやつをもらえると学習し普通の食事を拒否するようになることがあります。
キャットフードはきちんと栄養バランスが整った食事が作られています。
偏食は肥満や病気の原因になります。
猫にとって食事が楽しみだからと甘やかしたくなる場面もあるものですが食事は猫が長生きするためにとても大切なものです。
ですから、きちんと決められた量をきちんと食べるよう躾けることも大切なのです。

好き嫌いと異なり食事で気を遣うべきことにアレルギーがあります。
アレルギーは食べたものの中のアレルゲンが原因で起こります。
アレルギーを引き起こすものの味が苦手なわけではないため猫はアレルゲンと気づかず食べてしまいます。
食後に下痢が続いたり皮膚を痒がったりするときにはアレルギーの可能性があります。
アレルギーの疑いがある場合にはすぐに医師に診察をしてもらいましょう。