そもそも無添加のキャットフードってどんな物

人間の食事でも『無添加』や『添加物不使用』といった表記の商品が人気です。
食品添加物への意識や健康志向から強まった動きですが、これがキャットフードでも同じように注目されています。
日本はペット文化は外国に比べて遅れており、ドッグフードやキャットフードへの規制もまだきちんと出来上がっていません。
もちろん、現在でも規制はありますが抜け道がたくさんあるのです。
そして、規制されている添加物の種類もまだまだ少ないのです。
たとえば、キャットフードの保存料の一つにBHAというものがあります。
これは日本ではよく使われているのですがヨーロッパでは使用が禁止されている添加物です。
もちろん添加物が全て悪いわけではありませんが、絶対に安全とも立証されてもいません。
猫も大切な家族です。
そして猫は自分の口で体調不良を伝えることができません。
ですから、愛猫がいつまでも元気で長生きできるように極力体に良いものを食べさせてあげたいと思うものです。
そのためこの無添加、オーガニックキャットフードへの関心が高まっているのです。

ただし、無添加フードを購入する際に気を付けるべきことがあります。
実は無添加と書いていても本当の意味で私たちの考えている無添加ではないことがあるのです。
ペットフードに加工する際に添加物を使用しなければ無添加と表記してよいことになっています。
そのため原材料を加工するときに使用した添加物があっても表記がされていない場合があるのです。
ですから無添加と書いていれば何でもよいわけではなく本当に添加物が使われていないのかを確認する必要があります。
品質表示を見てわからない場合にはインターネットでその会社のホームページを見るのも有効です。

他の注意点として、無添加のcat foodは防腐剤が使用されていないため日持ちしないものが多いです。
また、湿気の多いところに置いておくと腐る可能性もあります。
そのため保管は注意することと賞味期限をきちんと確認し食べきれる量を購入するようにしましょう。
そして、添加物を使用していないため高価なものが多いです。
体に良いものでも続けなければ効果はありません。
品質・価格ともに納得のできるものを探しましょう。