キャットフードを選択する時

近年のペットブームでたくさんの種類のキャットフードが販売されるようになりました。
種類が豊富なのは取り扱うメーカーの数も豊富なうえ、猫の年齢や体質に応じたフードが販売されているためです。
たくさんの種類があれば愛猫に合ったキャットフードに出会えそうですが多いと選ぶ際にどれを選べばよいかわからなくなるものです。
では、何を基準にすればたくさんのキャットフードの中から愛猫に合ったものを選べるのでしょうか。

キャットフードを選ぶ基準は人によって様々です。
安全性や価格、粒の大きさ、ドライかウェットかなど様々な基準があります。
毎日のことですから価格は高いものより安いものが良いと思うものです。
しかし、価格が安いものには安いなりの理由があるものです。
品質が悪い魚や野菜を用いていたり添加物が多用されていたりすることもあります。
粗悪な肉や魚を用いていることがわからないように多量の添加物で味やにおいをごまかしているのです。
キャットフードは猫の体を作る大切なものですからやはり品質にもこだわりたいものです。
添加物不使用であったりオーガニックのものは品質が良い分やはり高価です。
添加物も全てが悪いわけではありません。
天然由来の添加物もありますから品質表示を見て自分の中で納得できるものを選びましょう

キャットフードを与えるときにはただ与えるのではなくその後の猫の様子も観察が必要です。
食後、元気がなかったり嘔吐や下痢、体を掻きむしる場合にはアレルギーが考えられます。
継続して下痢や嘔吐、しきりに体を掻く様子があればアレルギーや体調不良のサインです。
すぐに食べているキャットフードを持って医師の診断を受けてみましょう。
アレルギーがある場合にはアレルゲンを除去したフードが販売されているのでそれを利用しましょう。
もちろん、そういった症状がなくてもキャットフードを与える中で心配なことがあれば獣医やペットショップの店員に相談しましょう。
キャットフードは猫の体を作る大切なものですから安心して与えられるよう気になることは必ず確認し納得できるものを与えるのが大切です。