キャットフードで海外ブランド物

近年の日本ではペットブームで家でペットを飼育している家庭も増えています。
外国はペット文化が盛んで日本よりも法律もしっかりしていたり一緒に出掛けることができる場所も多いです。
日本でも外出できる場所は増えてきましたが、法律でも特にペットフードの法律についてはまだまだ遅れています。
私たちの日常の食事では外国産よりも国産のものを選ぶ人が多いですが、ペットフードについてはそうとは限りません。
外国では使用が禁止されている添加物が日本では使用が認められている場合もあるのです。
そのため、外国産のキャットフードを購入する人も増えています。

もちろん、外国産のフードだからと言ってすべてが安全とは限りません。
まずは、4Dミートと言われる粗悪な肉類を使用している場合です。
こういったものは死んだ動物であったり病気であった動物を使用しているのを隠すために大量の添加物が使用されています。
こういったものを使用していないことを確認する一つの方法としてAAFCOの表記を確認する方法があります。
AAFCOというのはアメリカのペットフードの検査協会のことです。
アメリカでは連邦政府と州政府の二つの機関で安全性の審査をしています。
二つの機関で安全性が確認されたものにAAFCOという表記がされるのです。
ですからこの表記があると言うのは安全なものと考える一つの基準にできるのです。

もう一つ気を付けるべきこととして輸入方法です。
外国からキャットフードを輸入する場合には正規輸入と並行輸入という二つの方法があります。
正規輸入はメーカーが認めた正規販売店が輸入して販売するものです。
専用の船で運ばれるので温度や湿度の管理もきちんとされており品質保持した状態で輸入されるよう配慮がされています。
そのため、基本的には安全性が保障されていると考えて問題ありません。
並行輸入は正規輸入に比べると安く販売されている場合が多いです。
それは、ペットフード以外の荷物と一緒に運ばれるためで、衣類のような温度管理の必要でないものと一緒に運ばれてくる場合もあります。
そのため、品質の劣化が起こる場合もあります。
ですから少々価格が高くても正規輸入品を購入するほうが安全と言えます。