キャットフード選びで重要なポイント

猫にとって食事は人間同様に健康に影響する大切なものです。
そして、猫にとっての食事は人間以上に毎日の中で楽しみの中の一つです。
ですからキャットフードを選ぶ際にはできるだけ愛猫にとってベストなものを選びたいと思うものです。
どれがいいかわからないからとりあえず人気のもの、とか安いもの、などという選び方はやめましょう。
同じ種類の猫でも猫によって性格や体の特徴は様々でそれぞれに合ったフードが存在するのです。
では、選ぶ際にどのようなことに気を付ければよいのでしょうか。

やはりもっとも気になることはキャットフードに含まれる添加物です。
日本のペット文化はまだまだ遅れており、キャットフードについても法規制が外国よりも厳しくありません
そのため、人間には利用できない添加物がペットフード類には使用されていることもあります。
特にBHAやBHという表記がされているときにはその含有量の確認をしましょう。
BHAは酸化防止剤として使用されていますが発がん性が高いと言われています。

もちろん品質保持には大切な成分なのですが、毎日多量に摂ることは猫にとってはあまり良いとされません。
そのため、フード内で含まれている量が猫にとって安全な量であるのかの確認をするようにしましょう。
人間の食事でも添加物不使用や無添加への関心が高まっていますがこれはペットフードでも同様です。
最近では無添加キャットフードが販売されています。

もちろん添加物が入っていないほうが体に良いのですが、無添加であれば価格も高くなりますし品質保持が難しくなります。
日持ちしないから小まめに買い足さなければならないですし、高価なため月にかかる食費も上がります。
こういった理由から長続きしないようであれば、無添加フードを利用する意味はあまりありません。
なぜなら長期的に続けてはじめて効果の出るものだからです。
添加物が使用されている使用されているものの中でも天然成分が用いられているものもありますし人間でも使用されているものもあります。
添加物イコールすべて悪いと考えず、様々な情報の中から品質や価格、手に入れやすさなど愛猫やあなたにとってベストなものを選び出しましょう。