安心して利用できるキャットフード

ペットブームでたくさんの人が家にペットを飼うようになりました。
その中でペットの食の安全への関心も高まっています。
日本は外国に比べてペット文化の歴史が浅いため一緒の外出やフードの法規制でまだまだ外国に遅れています。
特にペットフードへの法規制については人間の食品への法律よりも緩いものです。
そのため、人間よりも体の小さいペットに対して人間には使用が禁止されている添加物の使用も許可されています。
また、人間では決して口にしないような腐っていたり病死した牛や馬、魚の肉類の使用も禁止されていません。
こういった理由から愛猫に安心安全な食事を与えるためにはどのようなものを選びたいという意識が高まっているのです。

では、もっとも安心安全なcat foodとはどのようなものでしょうか。
まず最初に挙げられるものとして無添加フードがあります。
無添加フードとは化学調味料や着色料、保存料と言った食品添加物が使用されていないものを指します。
ただし、ここで言われる無添加フードが私たちが考えている意味での無添加とは限りません。
法律ではキャットフードに加工する際に添加物が不使用であれば『添加物不使用』という表記をしていいとされています。
そのため、原材料の肉や魚、穀物を加工する際に添加物を使用していてもわからないことがあるのです。
こういったことがきちんと品質表示やインターネットで情報公開されているメーカーもあります。
ですから、購入前にパッケージや企業のホームページを確認したりして安心安全なものか確認しましょう。

わたしたちはフードを生産している工場を見学できませんから品質表示やホームページでの情報を信じるしかできません。
そのため、キャットフードを手作りすることが最も安心安全と言えます。
素材から自分の目で選ぶことができますし愛猫の好みや体質に合わせて量の加減もできます。
ただし、アレルギーだけでなく、猫が口にすると体調を崩す食材もありますから注意が必要です。
また、災害時や体調不良などの理由で手作り食が用意できない時もありますからそのような時のためにも市販のフードでも安心して与えられるものを見つけておきましょう。